Outdoor photo of older men. One in wheelchair, one sitting on walker, three standing behind them.

私たちの歴史

舞台裏

使用人センターは、SSI / SSDIの特典を申請するために、ホームレスを経験している人々と協力する教会のボランティアによる聖公会の使用人リーダーシッププロジェクトとして始まりました。それ以来、サーヴァントセンターは有機的に成長し、サービスの多くのギャップに対応するために介入してきました。

 

  1993年にサーヴァントセンターは501(c)3になり、社会保障局の助成金の下で運営を開始しました。ホームレスを経験している路上で働く人々と一緒に働いている間、それらの人々の多くがベテランであり、伝統的な避難所によって提供されることができるより多くのサービスを必要とすることは驚くほど明白でした。そのため、1999年に、組織はグリーンズボロで最初の暫定住宅プログラムであるサーバントハウスを開設しました。私たちは、この地域で障害のある退役軍人だけにサービスを提供する唯一の移行プログラムです。センターは、その初期の歴史の多くを、低所得者や障害者がSSI / SSDIの給付を申請するのを支援することに費やしました。 1997年、この機関はCone Health Systemsと契約を結び、保険がかけられていない患者と保険がかけられていない患者を引き続き支援し、障害者支援プログラムを確立しました。サーヴァントセンターは、サーヴァントハウスの卒業生に適した住居を見つけるのに苦労することがよくありました。 それに応じて、サーヴァントセンターは、グレンウッドハウス(2005)とハワースハウス(2012)の2つの恒久的な支援住宅団地を建設しました。 これらの複合施設は、17のアパートを提供し、ホームレスを抜ける個人に支援サービスを提供します。元サーヴァントハウスの居住者を優先します。 2008年、サーヴァントセンターは、ホームレスや食糧不安のリスクがある、または経験しているギルフォード郡とフォーサイス郡の人々にサービスを提供するために、アメリコープのメンバーが1年間のボランティア活動を行うプログラムであるAmeriCorps Partners EndingHomelessnessを設立しました。 

今日はどこにいますか? 

使用人センターは、グリーンズボロのホームレスコミュニティで発生するサービスのギャップを埋めることに取り組んでいます。これは、1993年に代理店が開設されて以来、それ以降に経験した成長からも明らかなように、真実でした。現在、サーバントセンターは、新しいプログラムを作成し、拡大し、コミュニティの意見を聞いて、次のことについてのガイダンスを求めています。

ごく最近、2019年にファストトラックラピッドリハウジングプログラムが設立されました。このプログラムは、一時的な経済的支援と住宅に焦点を当てたケース管理を組み合わせて、ホームレスを経験している個人や家族を迅速に再住宅化します。 コミュニティのニーズに応えて、特にCOVIDがコミュニティに与える影響に関連して、サーヴァントセンターは、追加の個人や家族にサービスを提供するために、ラピッドリハウジングプログラムを拡大しています。

使用人センターはギルフォード郡ケアコンティニュアムの積極的なメンバーであり、コミュニティパートナーと協力して、特に退役軍人のホームレスを減らし、ホームレスが短期的で再発しないシステムをギルフォード郡に確保するよう取り組んでいます。

私達はどこに行くの?

使用人センターは現在、恒久的な支援住宅の利用可能性を拡大する可能性を模索しています。これは、サーヴァントハウスを出る退役軍人に、より安全で手頃な価格の住宅オプションを提供します。アップデートにご期待ください!